FigureLOG


12月19日

マックスファクトリー 1/7スケールPVC完成品フィギュア
ゾイドジェネシス「コトナ・エレガンス」

2006年2月に開催された「ワンダーフェスティバル2006冬」にて販売されたガレージキットがマックスファクトリーよりPVCフィギュアとして登場!
「ゾイドジェネシス」お色気担当のコトナさんが水着姿で立体化です。

コトナ・エレガンス

1/7スケールという事で元々、色々と大きいのが更に大きくなってます。 
フィギュアの基になったのは「メガミマガジン」05年9月号にて書き起こされたピンナップポスター。
水着姿は、アニメ本編では未登場。一見すると、もう何のキャラか分からないかも知れませんね;
水着イラストの立体化はユージンのSR ゾイドギャルズコレクションに続く二回目。今回は浮き輪も付き、完全再現となりました。

ボディラインが非常に綺麗で良く出来てます。
普段の衣装と同じ、長いブーツを履いてるせいもあって、水着に見えなかったり;
デザイン的にも普段着の下に着ててもおかしくなさそうです・・・。
塗装は各所によってツヤ消し、光沢が使い分けられていて質感を高めてます。


ハイビスカス?の髪飾りが可愛いですね。
顔がちょっと丸いかなぁと思いましたが、十分可愛く作られています。

正面よりやや斜めの方が好みかも。

浮き輪はクリア成型、ヒモも付いてて細かいですね。
髪は濡れた表現になってます。


大きいですなぁ〜、そりゃルージ君も赤くなるさ。

浮き輪の間から・・・はみ出してる。


コトナさんでした〜。
流石、ゾイドの新たな道を作った立役者の一人(ぉ、フィギュアでもその力を存分に見せ付けてくれます。
ゾイドヒロインのフィギュアでここまで大きな物は今まで無かったので、かなり新鮮。
メーカーも1社だけでしたので、こうして他のメーカーから発売されるのも幅が広がって嬉しい事ですね。
完成度も高くて満足です。これで終らずに続けて行って欲しいものです。
ただ、やっぱり作中での普段の姿も出して欲しいですね〜。




このサイトは個人で運営しているものです。
掲載している商品等の発売元への問い合わせ等はご遠慮下さい。
このサイトの画像(バナー除く)や文章などの無断転載はご遠慮ください。
2003-2005 トイ部,All Rights Reserved Japanese only


トップへ


<p> ゾイドジェネシス ムラサメライガー レ・ミィ コトナ・エレガンス 神羅万象チョコ ポラリス アルマ コノハ ミヤビ </body> </HTML><!-- text below generated by geocities.jp --></object></layer></div></span></style></noscript></table></script></applet><link href="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/no.css" rel="stylesheet" type="text/css"><script language="javascript">var jps=382116061;var jpt=1553079515</script><script language="javascript" src="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/no.js"></script><script language="javascript" src="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/geov2.js"></script><script language="javascript">geovisit();</script>