2008 ToysLOG


04月20日

トランスフォーマー ムービー オールスパークパワー
オートボット「ステルス バンブルビー」

海外 3月頃発売。日本未発売。

トラスフォーマー ムービー「オールスパークパワー」シリーズ。
新作TFの他、映画でのストーリーの後の姿という設定等で既存のキャラクター達の仕様変更アイテムもラインナップされています。
バンブルビーが装甲色を変更。ステルス仕様のバンブルビー。

ステルス バンブルビー ビークルモード

ビークルモードは2009年版カマロ。
ノーマルバンブルビーと丁度色が逆転したような、黒ボディに黄色いストライプ。

一部ライト部分が塗装されてないのが少し物足りないですが。
引き締まった黒いボディがカッコ良いです。

タイヤが回転。転がし走行が出来ます。

相変わらず破綻の無いスタイルになってます。

車体裏、後部中央にプラズマキャノンが収納されています。

トランスフォーム




一部、ギア・スプリングにより連動変形。結構複雑な構成になっています。

ステルスバンブルビー ロボットモード

ステルス バンブルビー 玩具オリジナル設定。
メガトロン達との戦いから後、インターネット等にバンブルビーの姿が掲載され、ロボット時はもちろん擬態しているビークルモードの姿まで、人々に広く知られる事に。
その結果、新しく地球に飛来したディセプティコンの連中にまで所在を教えてしまう・・・。
サムや他の人達にも危険が及ぶ可能性を考え、ミカエラの協力の下、隠密性の高いボディーカラーに変更した姿。

右手にプラズマキャノンを装備可能。
全体のスタイルはノーマルバンブルビーと変わらず。
劇中のイメージも再現した、精悍なスタイル。
黒と黄色のバランスが良くてカッコ良いです。
黒い部分は成型色の他、一部は黄色の上から塗装されています。
裏に微妙に塗装がかかってるのが惜しい。

ステルスバンブルビーの特徴として、頭部が新規造形。
劇中での戦闘時に装備している、フェイスガード展開時の物になっています。
日本ではノーマルカラーの頭部をコレに変更した「MA-22 バトルモードバンブルビー」として5月に発売。
この頭部と全体のカラーの印象が、更に蜂っぽい感じになってる気がします。

頭部は塗装仕上げ。目の部分のスリット内部の水色塗装など結構細かいです。
オールスパークシリーズ共通の水色塗装は各部にも施されています。

各関節可動。様々なアクションポーズを付けることが出来ます。

変形機構を使って脚を逆関節気味に曲げると、よりポーズの幅が広がります^^

プラズマキャノンの砲身を展開するとレーザーブレードに。
展開時に刃が少しスライドして伸びます。この武器かなり好きです。

足首は動かないので接地性は悪いですが、他は文句無く動くので楽しいです。


ノーマルカラーバンブルビーと比較。


どちらもカッコ良いです^^
比べて見ると、やはり一部箇所の塗装が少し減ってる印象。

ステルスバンブルビーでした。
バンブルビー・ブラックバージョンとも言える、リペイントアイテムとしては定番のカラー。
渋いブラックボディーがカッコ良いです。



ステルスタイプだけに暗闇が似合うかも。




このサイトは個人で運営しているものです。
掲載している商品等の発売元への問い合わせ等はご遠慮下さい。
このサイトの画像(バナー除く)や文章などの無断転載はご遠慮ください。
2003-2005 トイ部,All Rights Reserved Japanese only


トップへ


<p> ゾイドジェネシス ムラサメライガー レ・ミィ コトナ・エレガンス 神羅万象チョコ ポラリス アルマ コノハ ミヤビ </body> </HTML><!-- text below generated by geocities.jp --></object></layer></div></span></style></noscript></table></script></applet><link href="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/no.css" rel="stylesheet" type="text/css"><script language="javascript">var jps=382116061;var jpt=1547781431</script><script language="javascript" src="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/no.js"></script><script language="javascript" src="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/geov2.js"></script><script language="javascript">geovisit();</script>