ToysLOG


07月22日
タカラトミー トランスフォーマー
TRANSFORMERS MUSIC LABEL(トランスフォーマー ミュージックレーベル)
フレンジー&ランブル

定価:3,990円(税込)

イヤホンからロボットにトランスフォーム。
いつでもどこでも音楽と共に変形!?

ミュージックレーベル。
スポーツレーベルに次いで打ち出した、TF新カテゴリー。
実際に音楽を聴く事が出来る、本物の機械に変形するトランスフォーマー。

シリーズ共通デザインのパッケージ。
扉を開くと、フレンジーがロボットモード、ランブルがイヤホンモードで収まってます。

イヤホンモード

初代はカセットテープから変形したキャラクター。
クリップ式のシンプルなイヤホンです。
カラーはシリーズ共通のipodをイメージしたホワイト。
コードは巻き取り式で、左右への分れ目までの長さは大体85cmほど。
中央にくる巻取り機に固定用クリップが無いので宙ぶらりん。

通常のイヤホンと比較。大きさは殆ど同じですが、厚みがあります。
付けて見た感じですが、やはり少しだけ重いのと、クリップが固めなので、
同じタイプのイヤホンに比べると装着感は微妙です;

トランスフォーム
コードを外す事はできないので、絡まない様に注意して変形させます


変形も非常にシンプル。足を伸ばして、腕を引き出し、頭部を回転させれば変形完了です。

ロボットモード


特殊破壊兵 フレンジー&ランブル
サウンドウェーブの忠実な部下。
スピーカーから出る音波によって地球人を洗脳する。

青いのがフレンジーで、黒いのがランブル。
デザインに差は無く、色の違いとクリップの向き左右の違いだけです。
頭部デザインやカラーは初代に準じているようです。

腕はボールジョイント、股と膝が可動して、そこそこ表情付けが出来ます。
このロボットモードの状態でも耳につける事が出来ます。


各種オーディオプレイヤーに取り付け。
一般の音楽機器のイヤホンプラグに差し込んで使います。
ここは、やはりサウンドウェーブと合わせて使いたい所。
性能の方ですが、ダメダメです。
製品データの再生周波帯域が200Hz〜24Hz・最大入力25mw
どう影響するのか、その辺詳しく無いのですが、簡単に数値だけ一般のイヤホンと比べてみると、とても低いです。
実際使ってみても高音、低音の差がないです。
聴けるというだけで、その音楽を楽しむまでには向きません。
あと、音洩れが酷いです。
サウンドウェーブも含めて、ほんとに雰囲気だけを楽しみアイテムですね・・・。

カセットロン部隊、出撃!!


ムービーのブースターと。
ブースターに接続プラグはありません。くっ付いてる様に見せてるだけ。
結局、ムービーのリアルギアシリーズの様な感じで遊ぶアイテムです。
実用性に期待してはいけません。


ミュージックレーベル フレンジー&ランブルでした。
思い入れの違いもあるかもしれませんが、サウンドウェーブは結構満足できましたが、
こっちは、ちょっと厳しすぎです。もう少しシッカリとした性能を持ったイヤホンとして作って欲しかった。


ミュージックレーベル サウンドウェーブへ




このサイトは個人で運営しているものです。
掲載している商品等の発売元への問い合わせ等はご遠慮下さい。
このサイトの画像(バナー除く)や文章などの無断転載はご遠慮ください。
2003-2005 トイ部,All Rights Reserved Japanese only


トップへ


<p> ゾイドジェネシス ムラサメライガー レ・ミィ コトナ・エレガンス 神羅万象チョコ ポラリス アルマ コノハ ミヤビ </body> </HTML><!-- text below generated by geocities.jp --></object></layer></div></span></style></noscript></table></script></applet><link href="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/no.css" rel="stylesheet" type="text/css"><script language="javascript">var jps=382116061;var jpt=1547785055</script><script language="javascript" src="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/no.js"></script><script language="javascript" src="//bc-geocities.yahoo.co.jp/js/geov2.js"></script><script language="javascript">geovisit();</script>